Top
赤と緑
最近は11月に入ると早、街中がクリスマス色に染まる。
と言っても、LEDの照明が多くなって青白い光が
並木に輝き、店頭を彩る。

a0104519_17365412.jpg

しかし、私にとってクリスマス色は「赤と緑」。
レースのカーテンのタッセルを赤いリボンに代え、
ランチョンマットやテーブルセンターを赤と緑のものにしただけで、
部屋が明るくなってお祭気分になる。

a0104519_17395143.jpg

赤は血の色、元気と活気を与える色、
生命力そのものを表す緑と共に、
暗い冬に鮮やかな色で生気を蘇らせるのであろう。
だから、クリスマスにもお正月にも欠かせない。




秋から冬にかけて、周りを見ると赤と緑の植物は多い。
クリスマスの植物の代表ポインセチアは勿論だが、
ナンテン、センリョウ、マンリョウの実も艶々と美しい。

我が家のバルコニーにも、
ラーズベリー、ベコニア、
a0104519_17343170.jpg

a0104519_17345257.jpg

今年一粒実をつけた実生のマンリョウ、
a0104519_17352433.jpg

唐辛子
a0104519_1736979.jpg

今年のクリスマスリースは、
近くの生垣を刈っていた植木屋さんから貰ったヒバに
唐辛子とバラの実と松かさの簡単なもの。
何もないよりマシかな?
a0104519_17473265.jpg

[PR]
by sawa_keura | 2009-12-22 21:44 | 使う
<< 敦煌 寒くなると >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 sawa_keura. All rights reserved.