Top
敦煌
平山郁夫氏が12月2日に亡くなった。
東西の人や文化の通り道となったシルクロードに幾度も足を運び、
日本文化の源流を求めて描いた作品はよく知られている。

a0104519_16411111.jpg

10月に中国敦煌へ旅をし現地を肌で感じた今、
改めて氏のシルクロードの作品を見に行こうと思っていた矢先のことだった。
                                         平山郁夫(莫高窟)
a0104519_16421410.jpg

横山操、加山又造、杉山寧、東山魁夷、そして平山郁夫。
学生時代から、折りあるごとに美術館や個展で親しんできた
日本画家が次々と亡くなり、時代の移り変わりを感じる。
(皆さん苗字に「山」の字がつくのが不思議だ) 
                                       平山郁夫(アシジ)       
a0104519_16431260.jpg

私が平山氏の絵画を見るようになったのは割りに最近であり、
どちらかと言うと、氏の素描の方が好きである。
毎年日経新聞が配るカレンダーは、東山魁夷と交互に掛けて楽しんでいる。

a0104519_16441942.jpg




これを機会に、敦煌での写真を整理し、簡単に旅を振り返りたいと思う。

10月7日敦煌空港着
a0104519_16504315.jpg

敦煌の町
a0104519_16511010.jpg

                                         飛天の街灯
a0104519_16513142.jpg

                                  夜の市場(ナッツ、乾燥果物)
a0104519_16514932.jpg

                                        (種類豊富な果物)
a0104519_1652961.jpg

敦煌莫高窟入り口 (空には旧暦中秋の名月直後の月)
a0104519_16522840.jpg

a0104519_1652476.jpg

莫高窟北区(本来は修禅のためだったが、後には造窟に係わった仏師や画家が住んだ)
a0104519_1653369.jpg

背後には鳴沙山
a0104519_16554864.jpg

                            平山郁夫カレンダー(2007年) 莫高窟
a0104519_16561343.jpg

a0104519_1656472.jpg

楡林窟
a0104519_16575048.jpg

a0104519_16581368.jpg

a0104519_1701439.jpg

                                          塩ナツメの実
a0104519_16595250.jpg

のろし台址(狼の糞を燃やしたので狼煙と書く)
a0104519_17102533.jpg

                                 壁画の下地に使われた粘土
a0104519_17113976.jpg

東千仏洞
a0104519_1712538.jpg

                                       洞窟前で拾った石
a0104519_17284468.jpg

道路わきに並ぶハミウリと干しハミウリ(瓜州)
a0104519_17165951.jpg

a0104519_17172264.jpg

玉門関
a0104519_17183677.jpg

                                         色づく葦の原
a0104519_17202024.jpg

西千仏洞
a0104519_17212780.jpg

刻々と色の変わる鳴沙山
a0104519_17225916.jpg

a0104519_1724878.jpg

a0104519_17243192.jpg

砂漠の中に忽然と現れる緑と水の月牙泉
a0104519_17263438.jpg

墓地
a0104519_17271473.jpg


アフリカ大陸のエジプト、チュニジア、モロッコで見た砂漠とそこで育まれた文化、
シルクロードの町敦煌の砂漠とその文化、
共に人間の力強さと奥深さ、今に続く時間の流れを感じさせる。
洞窟内の仏像や壁画の仏画には、直接肌に心に訴え響くものがあった。
仏教芸術がより身近になり、今後の課題にもなった旅であった。
[PR]
by sawa_keura | 2009-12-30 22:18 | 旅する
<< 2010年 赤と緑 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 sawa_keura. All rights reserved.