Top
マレーシア旅行 マラッカ
クアラルンプールから車で約2時間南、マラッカ海峡に面した世界遺産マラッカは
日本にもなじみが深い。
1542年の鉄砲伝来、1549年のフランシスコ・ザビエル来日もマラッカからだ。

a0104519_14555765.jpg

マラッカ海峡は6世紀ごろから東西海上交易の主要ルートとなり、
14世紀末インドネシア スマトラ島から渡ってきた一族によりマラッカ王国が始まる。

マラッカの木
a0104519_1525401.jpg

マレーシアのお札    マラッカの歴史を表わす
a0104519_1793018.jpg
a0104519_1795455.jpg

1511年ポルトガルのマラッカ占領後、1641年オランダ、1795年イギリスと代わり、
1832年よりイギリス「海峡植民地」となる。

セント・ポールの丘から港を望む
a0104519_1516275.jpg

マラッカを占領したポルトガルは、当時の海岸沿いにサンチャゴ砦を築き
盛り土をして丘を造り、要塞とした。
a0104519_16533826.jpg

セント・ポール教会跡 (1521年) 壁の厚さが要塞の役目を表わす
      ザビエルはここから日本や中国布教に出、死後遺体が9カ月間安置された
a0104519_15174069.jpg

a0104519_1518029.jpg
a0104519_15181729.jpg

オランダ広場    
      木造プロテスタント教会 (1753年)   占領100周年記念として建立
      スタダイス (役場)
a0104519_153561.jpg
a0104519_1532516.jpg

マラッカ川    倉庫や商家だった建物が並ぶ
a0104519_1584092.jpg

青雲亭寺院   マレーシア最古の仏教寺院
a0104519_16582243.jpg

マレーシア最古のモスクやヒンズー教寺院、ヒンズー教の影響を受けたモスクなど
宗教の多様性や歴史の重みを感じる建造物が多い。

移民した中国人男性とマレー人女性との結婚による子孫はブラナカン(パパニョニャ)
と呼ばれ、独特な料理や文化を育んだ。

聖心学院
a0104519_15204583.jpg
a0104519_15211022.jpg

[PR]
by sawa_keura | 2015-05-02 15:46 | 旅する
<< 立夏   新野菜の季節 マレーシア旅行  クアラルンプ... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 sawa_keura. All rights reserved.