Top
秋になって
9月下旬、今年も富山から新米が届いた。
お盆以降の涼しさで、例年より少し遅い収穫だったという。

一年中美味しい富山のお米だが、新米は格別、
不思議だが洗米する時の手触りからして違う。

正にピカピカに炊きあがったご飯は、おにぎりで味見、
中に何も入れず塩味のみで味わう、  能登の塩と沖縄の塩で一つずつ。

a0104519_1152282.jpg

最近は各地の塩が手に入るようになったが、
肉料理にはヨーロッパの岩塩、日本的味付けには能登の塩が一番と思う。
能登の塩はまろやかで、且つしっかり素材の味を引き締め引き立たせる。

秋になって気になるのは、やはり栗。
栗の和菓子やケーキにも目がないが、栗ご飯を炊かないと秋になった気がしない。

a0104519_1441068.jpg

そしてもう一つ、秋の我が家の定番、ブドウと鶏のパイ。
種なし皮も食べられるブドウが手に入るようになったので、
作るのも簡単、食べるのも簡単、ブドウの酸味と鶏のうまみが絡み合った秋の一品だ。

a0104519_14135843.jpg

a0104519_14142853.jpg
a0104519_14144561.jpg

[PR]
by sawa_keura | 2014-10-14 11:52 | 食べる
<< 松本一泊と秋田日帰り スコットランド旅行   ロンドン >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 sawa_keura. All rights reserved.