Top
「コメ展」 21_21 DESIGN SIGHT
ミッドタウン、デザインサイトで2月からしている「コメ展」、
気になりながら行く機会がなかったが、
連休にはいる直前、関連イベントの「コメピクニック」に惹かれて出かけてみた。

a0104519_14552839.jpg

ミッドタウンに着いたのは12時半、青空が広がり暖かく絶好のピクニック日より。
a0104519_14512252.jpg

a0104519_14523347.jpg

「お米の食べ比べセット」¥500券を購入。
全国の10種類のお米から好きな3種類の俵おにぎりを選ぶと、
それぞれに佃煮、牛のしぐれ煮、ふりかけ、塩などとみそ汁が付いてくる。
a0104519_14525256.jpg

私は、おかずに惹かれて、石見銀山つや姫(島根県)、逢地さがびより(佐賀県)
芦別ななつぼし(北海道)を選んで芝生広場へ
名前の由来や味の特徴が記された紙を見ながら、久しぶりのピクニック気分。
a0104519_1454239.jpg

緑の向こうに見えるビルを眺めながら都心でのピクニックを満喫したら、展示会へ
a0104519_14545184.jpg

地球規模でかんがえるコメの過去、現在、未来
a0104519_1532952.jpg

太平喜餅酒多多買   (歌川広重)
a0104519_1535167.jpg

各地のしめかざり  「繩」とは汝(な)と我(わ)の交わり
a0104519_1561825.jpg

「たうたう稲は起きた
 まったくのいきもの
 まったくの精巧な機械 ... 
 いま小さな白い花をひらめかし」            (宮沢賢治)
a0104519_1554822.jpg

稲の標本  
a0104519_1563843.jpg

コメの衣装 (産地を表わすコメ袋)
a0104519_15315650.jpg

          能登                  佐渡
a0104519_153243100.jpg
a0104519_15343791.jpg

シュミレーションゲーム感覚の米炊き、      すごろく
a0104519_1550322.jpg
a0104519_15521291.jpg



米偏の字を選ぶコメみくじ、米粒に拡大鏡を通して豆文字を書くなど
参加型展示コーナーも充実していて、なかなか面白かった
a0104519_1644040.jpg
a0104519_1645844.jpg
 

毎日いただくご飯、今は富山の知人からおいしいお米を送って頂いているが、
外国に暮らした折には、ベルギー、イタリア、オーストラリア、カルフォルニア米も食した。
世界中で地域の気候、食文化に根差したコメが作られ、食べられている。
近年日本の米消費量は減っているそうだが、
お米がいかに日本人の文化や生活と密接に結びついているか再認識させられた。

連休中には孫も両親と共に出かけ、ピクニックも展示も藁細工のワークショップも
大いに楽しんだようだ。

お土産は 「色々米」 とおにぎり模様のペパーナプキン
a0104519_22252887.jpg

[PR]
by sawa_keura | 2014-04-29 14:36 | 観る
<< 山中 遅い春 ローマ野菜 プンタレッラ >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 sawa_keura. All rights reserved.