Top
古典の日
今日11月1日は「古典の日」と定められたそうだ。
文学や音楽、美術などの古典作品に親しむ日として法制化され、
その初めての「古典の日」である今日は、各種の展示やイベントが開かれるそうだ。

「紫式部日記」の1008年11月1日の項に
初めて「源氏物語」が登場することにちなむという。

a0104519_23161548.jpg

数年前から「万葉集」「和泉式部日記」「紫式部日記」の講義を聞いたり、
今「源氏物語」を友人たちとひも解いて、
古典のおもしろさに目覚め始めた私としては嬉しいことである。

しかし、なぜ「古典の日」と一日を設け、法制化しなければならないのか?
「何もしないよりまし」と言われればそれまでだが、
文化を大事にし、親しむのは一朝一夕でできることではない。

その日に大々的に国や文化庁の肝いりでイベントや展示がおこなわれても、
日常的に文化に親しむ環境が用意されなければ意味がない。

学校教育の現場でじっくり古典作品に目を向ける機会を与えてほしい。
文化の意味するものを考える時間を与えてほしいと思う。
[PR]
by sawa_keura | 2012-11-01 22:16 | 考える
<< 秋になったら 桑沢祭と猿楽祭 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 sawa_keura. All rights reserved.