Top
ヴォーりズと近江八幡
念願かなって10月末に近江八幡へウイリアム・ヴォーリズ建築を見に行ってきた。

2009年汐留ミュージアムでの展示会でヴォーリズが
山の上ホテル、主婦の友社、明治学院チャペルや東洋英和本館などの建築家であり、
且つ懐かしい看護婦さんの意匠で知られているメンソレータムの
「近江兄弟社」の創始者の一人であると知った。

「建物の風格は人間の人格と同じく、その外見よりむしろ内容にある」という
ヴォーリズの考えに興味を持ち、ぜひ近江八幡に残る建築を見たいとずっと思っていた。

明治38年(1905)海外伝道を志したヴォーリズは
英語教師として近江八幡に赴任したが、2年後教師を解任され、
以後キリスト教主義に基づく事業を展開し、建築に携わることになる。

池田町洋館街 「ウオーターハウス記念館」 (大正2)
a0104519_23286100.jpg
a0104519_23282539.jpg

ダブルハウス(2世帯住宅) (大正10)
a0104519_2331043.jpg
a0104519_23313168.jpg

a0104519_2335716.jpg
a0104519_23354796.jpg

旧八幡郵便局 (大正10)
a0104519_2341159.jpg
a0104519_23413069.jpg




ヴォーリズ邸 (昭和6)
a0104519_2344566.jpg


ヴォーリズ記念病院 (大正7)         礼拝堂
a0104519_23461218.jpg
a0104519_2347646.jpg




    
五葉館 (結核患者のサナトリウム)
   中央にホールがあり、その周り五方向に病室がある。
   間取りが楓の葉の形から五葉館の名。
a0104519_2348088.jpg

教会、学校、住宅、別荘、社屋、公共施設などヴォーリズの設計による
色々な様式を取り入れた建物は、全国に1600以上あったという。
住む人、使う人の気持ちに沿った親しみやすい建物の感がした。
[PR]
by sawa_keura | 2012-12-06 17:03 | 旅する
<< 商人の町 近江八幡 秋の実3種 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 sawa_keura. All rights reserved.