Top
佐渡・新潟旅行(2)
2日目は、両津港から新潟港、羽越本線いなほで村上へ。

「鮭・酒・人情(なさけ)」の村上は、戦国時代に築城された城下町、
武家町、町人町、寺町があり、特に町人町には伝統的な家屋が残っている。

 
a0104519_1849150.jpg

a0104519_18495675.jpg

a0104519_18502798.jpg

a0104519_18491820.jpg

間口は余り広くない町屋ではあるが、中に入ると
立派な梁や大黒柱、神棚や仏壇が祀られた吹き抜けに驚かされる。

2階の居室には箱階段が備えられている。
a0104519_2133321.jpg

老舗の茶店、酒店、漆器店(堆朱)、酒造店、菓子店...
話好きなご主人たちが語る伝統について、村上の町屋について、人生について
耳を傾ける。

「塩引き鮭」がびっしりぶら下がっているのは鮭店
a0104519_21183967.jpg

村上の「塩引き鮭」は頭を下に吊り下げられ、
お腹は、腹斬りを嫌う城下町独特の「止め腹」と言う中央を切り裂かない切り方がされる。

村上の冬の風物詩「塩引き鮭」は、11、12月に各家の軒下に吊り下げられ、
冬の季節風にさらして味とうまみを熟成させる伝統的な製法で
半年から1年近くかけて乾燥され、酒びたしとして食される。

鮭のはらこや村上牛の昼食をした店の軒先にもずらりと塩引き鮭が並んでいた。
a0104519_2214256.jpg

町屋めぐりの後は「イヨボヤ(鮭)会館」で、三面川の伝統的な「居繰り網漁」や
鮭の産卵と稚魚を保護するための種川について学び、瀬波温泉へ。

日本海(この時期は佐渡)に沈む夕日
a0104519_22242164.jpg

a0104519_22243991.jpg

a0104519_2225084.jpg

翌朝の海
a0104519_2225564.jpg

[PR]
by sawa_keura | 2012-10-05 22:07 | 旅する
<< 桑沢祭と猿楽祭 佐渡・新潟旅行 (1) >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 sawa_keura. All rights reserved.