Top
佐渡・新潟旅行 (1)
9月26日昼過ぎ、新潟港からジェットフォイルで約1時間、
佐渡両津港の空は真っ青に晴れ渡り真夏の太陽が照りつけていた。
だが、道端にはコスモスが咲き乱れ、萩が秋を告げている。

a0104519_16374520.jpg

毎年慣例の秋のサークル旅行、今年は佐渡1泊、村上(瀬波温泉)1泊だった。

佐渡島は、東京都(23区と多摩地区)の面積の約半分、人口約6万。

暖流と寒流の接点にあるため、(タクシーの運転手さんの説では日照時間が長いため)
植生に富み、北海道・沖縄両地方特有の植物が同居する。

大化改新以後8世紀以前に佐渡国が置かれ、
順徳天皇(在位1210~1221) 日蓮(1222~1282) 世阿弥(1363?~1443?)などが
配流された影響をうけて、独特な文化を作り上げた。

妙宣寺(日蓮宗)
             日光東照宮を模した県唯一の五重塔 (国重文) 1825
a0104519_16265632.jpg

a0104519_16273782.jpg

a0104519_16275738.jpg

               庫裡 (1862) 破風造りの茅葺大屋根
a0104519_16362778.jpg

大膳神社
                  茅葺屋根の能舞台
a0104519_16381095.jpg

72歳で配流された世阿弥の影響で江戸時代には200を超す能舞台があり、
現在も30余り残っていて毎年薪能が行われている。

佐渡と言えば金山、1601年金脈が発見され、以来江戸幕府の重要な財源であった。
最盛期には年間金400kg、銀40トン以上が採掘され、特に相川地区は
江戸幕府が直轄地として経営したほどだったが、
平成元年採算が取れなくなり操業停止となった。
「宗太夫抗」見学で、当時の採掘の様子と厳しさを知らされた。

尖閣湾          広がる日本海と地球の丸さを意識する水平線 
a0104519_17392219.jpg

      荒波に浸食されてできた断崖と岩礁の間を海中透視船で
a0104519_17395098.jpg

a0104519_1740123.jpg

a0104519_17403137.jpg

a0104519_22555492.jpg
a0104519_22561899.jpg

a0104519_22574893.jpg
a0104519_2259493.jpg

1泊では島の中央部のみであったが、自然と歴史にふれた興味深い旅であった。
次回は花がきれいだと言う6月頃にた来たいものだ。
[PR]
by sawa_keura | 2012-10-03 18:14 | 旅する
<< 佐渡・新潟旅行(2) 藤田嗣治の挿絵本 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 sawa_keura. All rights reserved.