Top
ヴァンジ彫刻庭園美術館
緑の広がった庭園に立つ彫刻は生き生きして美しい。
箱根の森美術館でも感じたのだが、
彫刻は戸外でみられるべきものなのではないだろうか?

7月中旬の午後、静岡県クレマチスの丘にある
イタリアの具象彫刻家ジュリアーノ・ヴァンジ(1931~)美術館を訪れた。

a0104519_11184237.jpg

a0104519_11211524.jpg

フィレンツェで青年期を過ごした後、
抽象表現を求めてブラジルに渡ったヴァンジは
人間の内面を表わす手段として再び具象に可能性を見出した。

ブロンズ、大理石、御影石、アルミニウム、ニッケル合金、木など
色々な素材を用い、組み合わせた作品群は変化に富んでいておもしろい。

                               (壁をよじ登る男 1970)
a0104519_1150815.jpg

                                 (カテリーナ 2006)
a0104519_11504160.jpg




世界唯一のヴァンジ個人美術館のここでは、
青い空と白い雲、遠くの山々、四季折々の植栽、緑の芝生を背景に
前庭、展示棟、庭園とめぐり歩きながら作品を楽しむことができる。
                                 (展示棟内からの景色)
a0104519_1291780.jpg

a0104519_13152669.jpg

a0104519_13155737.jpg

                                (天の階段 1994、地上)
a0104519_13163890.jpg

                                    (天の階段 地下)
a0104519_1317490.jpg

a0104519_1318121.jpg


ヴァンジの作品では、顔と手に特に惹かれるが、
「チューブのなかの女」(1967・68)を始めとする女の顔が魅力的だ。
見る方向、光の加減で全く違った表情を見せる。

a0104519_13343724.jpg

a0104519_1335355.jpg

a0104519_13352374.jpg

a0104519_13354239.jpg

a0104519_1336320.jpg

                                 (プリマヴェーラ 2009)
a0104519_13364424.jpg

a0104519_1337530.jpg

a0104519_13372541.jpg

a0104519_13374350.jpg


人もまばらな炎天下での彫刻鑑賞も静かで良いものだ。
a0104519_13574395.jpg
     
[PR]
by sawa_keura | 2011-08-17 14:13 | 観る
<< 人形町甘酒横丁(Ⅰ) 広島原爆の日に >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 sawa_keura. All rights reserved.