Top
花の効用
「花も何もないから可愛くない」とは、4歳の孫の弁。

大規模修繕中のマンションの塗り替え工事の終わったバルコニーで
「きれいになったでしょう」と言った私に帰ってきた答えだ。

こんな小さないたずらっ子の男の子でも花の有る無しに違いを感じるのだ。
ちょっと感動した一瞬だった。



a0104519_2232287.jpg

我が家の近くでは、今いくつもの大規模建築プロジェクトが進んでいる。
おかげでそれほど広くない道を大型トラックが通り、
それを誘導する警備員があちこちに立っている。

大きなトラックが通るのも恐ろしくて嫌だが、
車に気を取られている警備員が歩道の真ん中に陣取って、
歩行者の通り道をふさいで気付かないのも不愉快だ。

a0104519_22341493.jpg

毎日のように通る道だからイライラするのだが、
工事現場の囲い壁に設けられた小さな植込みの花が目に入ると気持ちが和む。

a0104519_22145979.jpg

広い工事現場の小さな花壇だが、
通行人にも、工事現場で働く人たちにも活力と優しさを与えているのだろう。
小さな花と草木の大きな力を感じる。
[PR]
by sawa_keura | 2010-06-01 22:52 | 考える
<< 梅の実の季節 “農育” >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 sawa_keura. All rights reserved.