Top
「染めの小道」 落合・中井界隈 (新宿区)
2月27日午後、久しぶりに妹と西武新宿線中井駅に降り立った。
東京都広報2月号で、「染めの小道」のイベント開催を知ったからだ。
中井駅は実家の最寄り駅であったから、子供の頃
妙正寺川の周辺に染め物屋さんがあったのは覚えている。

a0104519_16112769.jpg

駅周辺では染めの着物に運動靴の大学生たちがイベントに協力している。
a0104519_16151995.jpg

江戸の染め物職人は神田紺屋町に集まって、江戸小紋や江戸更紗を創りだしたが、
明治時代に入りきれいな水を求め、神田川と妙正寺川とが合流する落合に移り住んだ。
昭和初期から30年代にかけ、京都や金沢に並ぶ染め物の産地として
300軒を超える染色関連事業が軒を連ね、
染めた反物を妙正寺川で洗う風景が見られたという。

今では少なくなってしまったが、その技術を受け継ぐ職人や作家たちが
落合・中井界隈を「染めのまち」として発信しようと地域の人たちと
6年前から始めたイベントは、川面に反物を張る「川のギャラリー」が圧巻だ。
a0104519_16211475.jpg

きれいな江戸小紋や友禅染め乃反物と共に、近隣の小学生が染めた物も翻る。

「道のギャラリー」は店舗や銀行などの軒先に下がる97枚の暖簾、
製作者とお店の人との話し合いでできたものだという。
a0104519_16294021.jpg
a0104519_16302195.jpg

a0104519_16333100.jpg
a0104519_16333548.jpg

a0104519_16341267.jpg
a0104519_16372572.jpg

工房「二場苑」内では、ずらっと並んだ道具類が美しい
a0104519_13301832.jpg

a0104519_13312095.jpg
a0104519_13314369.jpg

a0104519_1332275.jpg
a0104519_13324713.jpg

小さい頃、庭に伸子張りで整えられて干されていた反物の様子を思い出す。
洗い張りこそ、今や家庭では全く見ることのなくなった風景だろう。

林芙美子記念館の庭で
a0104519_13444390.jpg
a0104519_1345524.jpg

[PR]
# by sawa_keura | 2015-03-01 16:06 | 観る
源助大根でつくるブリ大根
年末日頃は目にしない三浦大根を店頭に見つけ手を伸ばすと、
その横に、加賀野菜の源助大根が! 東京で見つけたのは初めてだ。

a0104519_1442236.jpg

ずんぐりした円筒形の源助大根は長さ約22~25cm。
早生種で肉質が柔らかく、大根らしい歯触りがありながら煮崩れしにくい。

早速ブリの頭のぶつ切りと、ブリ大根を作ったのは言うまでもない。
金沢「千取」の奥さんに教わったように、ブリはさっと焼いて臭みをとり、
a0104519_14425038.jpg

厚めに切った源助大根と煮込む。
a0104519_14441433.jpg

「千取」さんの賄いブリ大根とは雲泥の差だが、東京で食べる味としては及第か?

加賀野菜とは、藩政時代から受け継がれた季節感に富んだ金沢の特産野菜、
昭和20年以前から栽培され現在も主として金沢で栽培されている野菜で
源助大根、小坂れんこん、サツマイモ、加賀太キュウリ、金時草、加賀つるまめ、
ヘタ紫ナス、赤皮かぼちゃ、一本太ねぎ、金沢春菊、せりなど15品目。

どれも味と香りに富み、季節を感じる大好きな野菜だが、
生産量が少ないため地元以外ではなかなか手に入らない。

3月14日開通の北陸新幹線のお蔭で今金沢は話題の中心の感がある。
加賀野菜も手に入りやすくなると良いのだが...
[PR]
# by sawa_keura | 2015-02-14 15:11 | 食べる
ホドラー展
チューリッヒ美術館で階段を上っていく時、強い力と鮮やかな色で圧倒されるのは
ホドラーの壁画「無限へのまなざし」 (1913~17)

a0104519_1625224.jpg

七草の前日、今にも雨が降り出しそうな曇天の中久しぶりに上野へ足を伸ばした。
国立西洋美術館で10月から始まっていたホドラー展の会期終了が迫っている。

a0104519_15524715.jpg

スイスのベルンに生まれたフェルッディナンド・ホドラー(1853-1918)は
生涯スイスにとどまって、身近な景色アルプスを描き続けた国民画家である。

a0104519_16698.jpg

もう一人のスイスの画家セガンティーニと共に、日本ではあまり知られていないし、
赴任当初、私自身も風景画に面白みを感じなかった。
だがスイスに住んで何年も経つと、不思議なことに彼らの風景画の中に
スイス特有の空気、風、匂い、体にまとわりつくスイスらしさが感じられるようになった。

しかし、ホドラーで特筆すべきなのはその絵に見られるリズム感だろう。
                      感情Ⅲ  (1905)
a0104519_16315555.jpg

                      オイリュトミー (1895)
a0104519_14303823.jpg

オイリュトミー(eurythmy)とは良きリズムと言う意味で、リトミック(eurhythmics)の考案者
スイスの音楽教育家エミール・ダルクローズ(1865~1950)と影響しあった。
リトミックは運動を通して音楽を学び経験する音楽学習方法論で
音楽を通じた身体と感情の動きの一体化を目指した。

身体の動きによって表わされる人間の感情、運動する身体が作り出す「リズム」、
自然の世界における秩序、類似する形態の反復の存在「パラレリズム」、
ホドラーを「死」から「生」へと目醒めさせたという。

a0104519_1527503.jpg

a0104519_15373658.jpg

a0104519_1538694.jpg
a0104519_15382038.jpg

小学校で、日本におけるリトミック教育の先覚者天野蝶先生に受けた授業、
ホドラーの絵画を見ていると、先生のタンバリンの音が聞こえて来て
それに合わせて手足ばらばらに拍子を取る練習をした時間が懐かしく思い出された。

ホドラーの描く人物のリズムに惹かれていたのは、
小学生時代からの身体に刻み込まれたリトミックのリズムだったのだろうか?
[PR]
# by sawa_keura | 2015-01-27 16:18 | 観る
チューリッヒ美術館展
2014はスイスと日本国交樹立150周年として色々なイベントが企画され
日本ではあまり知られていないスイスの画家の美術展も多かった。

「バルティス展」「ヴァロットン展」は行かれなかったが
「チューリッヒ美術館展」(国立新美術館)では、懐かしい作品に再会した。

a0104519_16261644.jpg
a0104519_16265791.jpg

住んでいたのはもう25年も前のことになってしまったのかと
あくまでもきれいで、空気がキリリとしていたチューリッヒの街の佇まいと
ゆったりとして居心地の良かった美術館の様子を思い出しつつ
古い友に会うような気分でカンディンスキーやジャコメティーの作品に対した。

度々訪れたこの美術館で、スイスの作家たちセガンティーニやホドラーを知り、
青騎士やブリュッケのドイツ表現主義や現代彫刻の面白さに目覚めたのだった。

a0104519_12203214.jpg

今回の展覧会は、印象派からシュルレアリズムまでの作品を
一人の作家を特集する「巨匠の部屋」と、
各時代の美術運動や流派をまとめた「時代の部屋」とを交互に巡っていく構成で
すっきりとわかりやすい展示であった。

説明書によると、チューリッヒ美術館は、
18世紀末に町の芸術家が立ち上げた愛好会から始まり、
今日、運営は市と共に2万人のチューリッヒ芸術界の会員に支えられているという。
何事にも市民が絡み、協力しているスイスらしいと思う。
2017年には新館ができるそうだ。 行く機会があるだろうか?
[PR]
# by sawa_keura | 2015-01-23 16:46 | 観る
ベジブロス
ベジブロスと聞くと、何かとても面倒そして高級そうなイメージがあるが、
この野菜ブロスは、普通は捨ててしまうもので作ったもの。

野菜には、捨ててしまう皮や種、へたにこそ栄養があるとは昔から言われてきた。
それで、ニンジン、大根、カボチャの皮は味に差支えない限り、捨てないで使うようにし、
大根、カブやセロリの葉はつくだ煮風にしたりしてきた。
だが、茄子のへた、カボチャの種やわたの部分は...

先日、捨てる野菜で作るスープストックの記事を見た。
捨てている部分にこそ、最近話題のファイトケミカルという成分が豊富にあるという。
抗酸化作用があり、免疫力を向上させる効果があるそうだ。

大根やニンジンの皮は勿論、切り落としてしまうヘタやしっぽ、玉ねぎの茶色い薄皮、
カボチャの種やわた、シイタケ、エノキなどの石づき、アスパラや葉物の硬い根元、
ブロッコリーやキャベツの硬い芯の部分、長ネギの緑の葉先や皮...などなど
両手一杯ほどたまったら、鍋に入れて水1リットルほどと弱火で20分ほど煮るのだ。

a0104519_11163014.jpg

a0104519_15572261.jpg

野菜類を漉すと、きれいなベージュ色のだし汁が現れる。

a0104519_11205586.jpg

色々な野菜の混じった優しい柔らかな味だ。
本当はこれを出汁として、料理のベースとして使うのだが、
私は、塩コショウ、たまには醤油を一滴たらしてコンソメ風スープにしている。

労せずして献立に汁ものが一品増えるのも嬉しいし、
煮出した野菜によって微妙に違う味が、心と体を温めてくれる。

先日はこれを使ってポトフーを作ったが、深みのある味に仕上がった気がした。
a0104519_15575158.jpg

[PR]
# by sawa_keura | 2015-01-15 18:12 | 食べる
食べる習慣
今年も早10日が経ってしまった。
11日は鏡開き、小豆を煮て鏡餅を入れたお汁粉をいただくと、
新年の一連の行事が終わり、通常の生活に戻る。

a0104519_1716476.jpg
a0104519_17171077.jpg

日本には季節の行事が数多くあり、それに因んだ食べ物があるのが楽しく、
私もできるだけ行事に沿った飾り付けをし、食べるのを習慣としてきた。

しかし、この習慣も段々に変って来ているようだ。
東京都が発表した2014年の「食生活と食育に関する世論調査」によると
都内に住む男女3000人に聞いた結果は、  (日経新聞2014/11/6)


   雑煮やおせち料理               86.9%
   年越しそば                   86
   クリスマスケーキ                66.5
   節分のいり豆・恵方巻き           48.2
   土用の丑の日のウナギ           45.5
   端午の節句の柏餅              43.2
   雛祭りのあられ・桜餅             38.9
   冬至のカボチャ                 37.8
   春のお彼岸のぼた餅              37.5
   秋のお彼岸のおはぎ             34.5
   七草がゆ                     34.3
   十五夜の月見団子               11.3

前回(07年)と比べて、クリスマスケーキや節分の恵方巻きを食べる比率が伸び
ウナギ以下は10%近くずつ減っている。

ウナギが減っているのは諸事情によるものと思われるが、
行事の食習慣は多分にデパート、スーパーに乗せられている気がする。
年末のクリスマスケーキやおせちの派手な折込広告の類も記憶に新しい。

a0104519_17222733.jpg
a0104519_1721243.jpg

関東では習慣のなかった節分の恵方巻きも、
スーパーの宣伝効果で今や全国的なものとなった。

社会の変化に応じて食習慣が変わっていくのは当然だが、
日本らしさが感じられる季節ごとの行事とそれに伴う習慣は忘れないでほしい。
簡略化したとしても、そこに宿る心を感じ、生活のけじめとして欲しいと思う。
[PR]
# by sawa_keura | 2015-01-11 17:37 | 食べる
残り毛糸で作る足カバー

a0104519_1841139.jpg

毎年12月に入ると、クリスマス飾りと共にする仕事がある。

1年間折に触れて、テレビを見ながら、おしゃべりをしながら、
残り毛糸を使って編みためてきた足カバーを仕上げること。

とても簡単に編めて、太い毛糸、細い毛糸何でもOK。
a0104519_18414358.jpg

編みあがった所は、何だかまるでわからず、
a0104519_18425273.jpg

仕上げをしても ? 状態だが、
a0104519_1843149.jpg

履いてみればこの通り。
a0104519_18433963.jpg
 

友人が関係している年末恒例のバザーで、少しはお役に立っているようだ。
[PR]
# by sawa_keura | 2014-12-13 18:25 | 作る、育てる
醤油 「玄蕃蔵」
秋はあっという間に過ぎて、「立冬 山茶初めて開く」と思っていたら
a0104519_17504342.jpg

早 「小雪 朔風葉を払う」候、そして師走に突入!

だが、今日のような小春日和の日にはきれいな落ち葉を拾う楽しみもある。
今年は桜の葉の紅葉が殊の外きれいな気がする。
a0104519_10292963.jpg


秋の初めに頂いた醤油 「玄蕃蔵」は、そんな日本の季節を大事にして作る醤油。

a0104519_18185555.jpg

a0104519_18195527.jpg
a0104519_18201854.jpg

毎年11月中旬に仕込み、江戸時代に定められた五節句の節目ごとに
技を極めて醸造するという。

1月7日 人日(じんじつ)の節句  初櫂入れ式
3月3日 上巳(じょうし)節句  諸味改め式
5月5日 端午の節句  諸味奉納式
7月7日 七夕(しちせき)の節句  秘伝極めの式
9月9日 重陽の節句  蔵出し

a0104519_18233979.jpg

しっかりとした昔ながらの醤油の味の中に、まろやかな豊かさ含む。
[PR]
# by sawa_keura | 2014-12-02 10:38 | 食べる
紅葉黄葉三昧
11月も中旬、寒さが身にしみる頃となった。
我が家のバルコニーから見える桜並木の紅葉も日増しに美しくなっている。

a0104519_21453432.jpg


ポーランドの首都ワルシャワ、ワジェンキ公園で
黄色く色づく木々の下を散歩したのは 10月中旬だった。
大木が黄色の濃淡で彩られるヨーロッパの秋を久しぶりに満喫した。
a0104519_11113351.jpg

   フレデリック・ショパンの像    (10/19)
a0104519_11115337.jpg

   ロントの修道院 教会   (10/21)
a0104519_11202467.jpg

   アウシュビッツ強制収容所入り口   (10/22)
a0104519_11154555.jpg



そして、ここは赤く燃えるモミジや楓の葉が美しい山中湖畔の紅葉  (10/31)
長く殺風景な冬を迎える前の艶やかな一時期だ。
a0104519_212262.jpg

a0104519_21224594.jpg

横浜元町中華街駅から近代文学館までは手入れの行き届いた公園で
海と花壇と色づく木々を楽しんだ。  (11/6)
a0104519_21445041.jpg

a0104519_2145561.jpg

広尾   (11/7)
a0104519_214644100.jpg

a0104519_2147578.jpg

神宮外苑のイチョウ並木は黄金に輝き始めただろうか?
[PR]
# by sawa_keura | 2014-11-11 21:50 | その他
松本一泊と秋田日帰り
所属サークル慣例の秋の一泊旅行、今年は松本だった。
松本は数年前に訪れて、その落ち着いた文化的佇まいが気にいった街、
再度の訪問が楽しみだったが、諸々の事情により限られた行動となった。

a0104519_1031816.jpg

明治5年学制が施行されてまもなく建てられた旧開智学校(明9年)は
和洋混交の擬洋風建築で、工費の約7割が松本町全住民の献金によるという。
校内の説明により、当時の教育に対する熱心さと充実ぶりがうかがえる。
隣にある現在の開智小学校の広い校庭を見ながら
教育熱心さは今日につながるのかなと思う。

夕闇せまる国宝松本城
月見櫓に覆いがされていたが、いつ見ても美しい城だ。見飽きることがない

a0104519_1753624.jpg

a0104519_17438100.jpg
a0104519_17145080.jpg


翌日は、周遊バス タウン・スニーカーに乗って

a0104519_171909.jpg
a0104519_1720685.jpg

旧松本高等学校へ   (大正9年9月開校)     
     講堂(大11年)                     本館(大9年 8月)
a0104519_17292350.jpg
a0104519_21104835.jpg

松本高校は戦後の学制改正で廃止になるまで多くの人材を輩出し、
その後は信州大学の文理学部・人文学部の校舎として昭和48年まで使用された。
今でも図書館や講座・趣味の集まりに使われているようなのがうれしい。
a0104519_17345545.jpg
a0104519_17351455.jpg

松本市美術館への道(あがたの森通り)から
a0104519_17435299.jpg
a0104519_17441572.jpg

  「たぐ展」    田口弘さんの現代アート・コレクション
a0104519_17524474.jpg
a0104519_2122713.jpg

           「げいじゅつだらけ」   美術館セレクト作品
a0104519_21372238.jpg
a0104519_21382968.jpg

           ヴィック・ムニーズ 「母と子」 ガーベージ・シリーズ 
a0104519_21402741.jpg
a0104519_1053540.jpg

               市内小学生36校、6347人が選んだ作品
a0104519_2158990.jpg
a0104519_21584565.jpg

a0104519_21593363.jpg
a0104519_21595411.jpg

現代アートに対しての先入観も特別な知識もない子供たちが
どうしてこれらの絵を選んだのかと考えながら見ていくのもおもしろかった。

「源智の井戸」を横目に、白壁となまこ壁の土蔵が並ぶ中町通りを足早に通って
駅に向かった。 今回も残念ながら出来なかった湧水めぐりは次回のお楽しみに。

a0104519_221650100.jpg
a0104519_2217749.jpg

a0104519_22175477.jpg
a0104519_22181589.jpg



2日後、4日間フリー切符を利用して秋田日帰り、
念願の「秋田の行事」を見ることができた。
安藤忠雄設計により2013年9月に開館した新県立美術館は駅から徒歩10分の便利さ。

a0104519_22421474.jpg

美術館 ロビーから
a0104519_1094881.jpg

a0104519_10104283.jpg
a0104519_10142586.jpg

          「藤田嗣治   どうぶつものがたり展   猫と裸婦と画家」
a0104519_20134169.jpg
a0104519_2034183.jpg

          「秋田の行事」  (1938)
365 X 2050 cm の色鮮やかな壁画は圧巻、来てよかった。
a0104519_20352214.jpg
a0104519_20355373.jpg

a0104519_20363616.jpg

平野政吉コレクションの珍しい藤田作品を堪能したのち、
日曜日なのに閑散としているのが気になった秋田の街を散策し、
夕方の「こまち号」で帰路に着いた。
 

わずかに紅葉の始まった 千秋公園(久保田城址)
a0104519_20535648.jpg
a0104519_20541316.jpg

         赤れんが郷土館                   秋田駅裏からの景色
a0104519_20581357.jpg
a0104519_20583554.jpg








    
[PR]
# by sawa_keura | 2014-10-16 21:10 | 旅する



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 sawa_keura. All rights reserved.