Top
<   2016年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
春の兆し
a0104519_22554325.jpg

種が落ちて自然に生えて花を咲かすすみれ、
今年もバルコニーで健気につぼみをふくらませた。
そして今日は明るい日差しを浴びて、春の訪れを告げていた。

a0104519_23155012.jpg

3日前は2月の気候の冷たい雨にふるえていたのに、
今日は「うぐいすの初鳴き」のニュース。
春はもう間近まで来ている。

春の気候は定まらない。
2週間前、京都相国寺は雪景色、シンとした朝の境内は格別だった。
思いもよらぬ、春の雪

a0104519_23234584.jpg

a0104519_23241492.jpg

a0104519_23244233.jpg

a0104519_2326119.jpg
a0104519_2326348.jpg

a0104519_23271384.jpg
a0104519_2333542.jpg

かと思えば、暖かい日の光が苔を染め上げる。

a0104519_2337528.jpg

[PR]
by sawa_keura | 2016-03-17 23:38 | 観る
ひちぎり  京都の雛生菓子
急に思い立って出かけた京都、
祇園の「鍵善」で、変わった生菓子を見つけた。

「ひちぎり」
a0104519_1138796.jpg

京都の雛祭りの代表的な生菓子とのこと。

「ひちぎり」(引千切)は、子供の幸福を願う公家のお餅としてはじまり
ヨモギ、求肥やしん粉で作られた餅を引きちぎった形にし、
その上にきんとんやあんがのせられる。

宮中行事の上巳の節句では、もち菓子の用意に手が足りず、
餅を丸めている暇がなかったため、餅を引きちぎってくぼみを作り
そこにあんこをのせるという簡易化がなされたという説があるそうだ。
古くは平安時代の「戴き餅(いただきもちい)」という儀式に由来するともいう。
そういえば、「紫式部日記」に幼児の儀式として書かれていたように思う。

私にとって桃の節句のお菓子というと、雛あられ、菱餅だが、
金沢では金花糖という色鮮やかな砂糖菓子が飾られていた。
京都で新たな雛菓子に巡り合えたのは幸運だった。

家に帰り、春を呼ぶきれいな生菓子と共に抹茶を楽しんだ。

a0104519_12102772.jpg

[PR]
by sawa_keura | 2016-03-12 12:33 | 食べる



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 sawa_keura. All rights reserved.