Top
「花まつり」の歳時菓子
4月8日は、お釈迦様の降誕日「灌仏会」。

花が咲きそろう時期なので、「花まつり」ともいわれ
様々な草花で飾った花御堂をつくり、浴仏盆に生誕仏を置き
甘茶をそそいでお祝いをする。

甘茶をそそぐのは、お釈迦さまが生まれた時、甘露の雨が降ったという言い伝えから。

a0104519_17172839.jpg

a0104519_171963.jpg

たねやの「五泉」は、この日だけ販売される歳時菓子。
甘茶を練りこんだ求肥で餡をつつみ、
天の龍がそそいだ五色の甘露の雨になぞらえたそぼろがまぶされている。

a0104519_17343047.jpg

春を迎える歓びの中に祝われる「イースター」と「花まつり」、
チョコレートもいいけれど、和菓子もいいなと歳時菓子を楽しんだ。

今年は桜もちょうど満開になり、花まつりにふさわしい一日だった。
[PR]
by sawa_keura | 2016-04-12 17:37 | 食べる
<< 熊本城 春の兆し >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 sawa_keura. All rights reserved.