Top
五百羅漢展
a0104519_1734539.jpg

羅漢とは、阿羅漢の略で、尊敬を受けるに値する人の意。
小乗仏教の最高の悟りに達した聖者とのこと。

五百羅漢とは、釈迦入滅後の第一回経典結集および第四回結集の時に
集まったという500人の聖者のこと。

お寺の境内を歩いていると、奉納された羅漢像を見かけることが多い。
笑っていたり、しかめ面だったり、怒っていたり、大口を開けていたり、泣いていたり...
持ち物も色々、動作も色々、見飽きることがない。

現代美術家 村上隆の描く五百羅漢はどんなだろうかと楽しみに
六本木森美術館の「村上隆の五百羅漢図展」へ出かけた。

a0104519_1575043.jpg

a0104519_158687.jpg

a0104519_1582529.jpg

a0104519_1584352.jpg

色彩に、構図に、迫力に、ただただ圧倒され、引き込まれた。
見ていて楽しい! 親しみやすい! うきうきする! 仏画だ。
描かれた羅漢を始め動物たち全てが優しさを感じさせる。

全長100メートルに及ぶ作品は、村上隆の構想をもとにした
画学生たちとの共同制作だという。

村上は増上寺所蔵の狩野一信の「五百羅漢図」から着想を得て製作したという。

a0104519_19235122.jpg

a0104519_19265357.jpg

a0104519_19253298.jpg
a0104519_19255489.jpg

3月まで増上寺で展示されている狩野一信の五百羅漢図も見てみたいと思う。
[PR]
by sawa_keura | 2016-02-13 17:05 | 観る
<< ひちぎり  京都の雛生菓子 寒餅 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 sawa_keura. All rights reserved.