Top
金王八幡宮 と 算額奉納
1月1日 本年の初詣は 歩いて行かれる渋谷の氏神様金王八幡宮

a0104519_1762285.jpg

a0104519_1785922.jpg

社伝によれば、1092年渋谷城を築き渋谷氏の祖となった
河崎基家(渋谷重家)によって創建され、江戸時代徳川将軍家の信仰を得たという。
三代将軍に家光が選ばれるよう春日局が参拝祈願し、
その成就により御利益に感謝して社殿と門を造らせたともいわれる。

青山方面に行く時に時折前を通るのだが、きちんとお参りしたことはなかった。
しかし、沖方丁の「天地明察」を読んで興味がつのった。
第1章 『一瞥即解』 の冒頭、
渋川春海は駕籠かきに「渋谷宮益坂にある金王八幡神社」に行くよう頼む。
23年後(貞享年間1685年)の大和暦への改歴に尽力する
碁打四衆の一人安井算哲(渋川春海)は、ここの絵馬奉納所にある算額を見に来たのだ。

「算額奉納」とは、研鑽を誓い神の加護によって技芸が向上することを願うために、
又は成長を果たせたことを神に感謝して、算術を記し神に献げた絵馬である。
金箔や漆を塗って美しく造られ、社殿に飾られたり安置された特別な物もあった。

金王八幡の宝物庫に保管されている算額
a0104519_14342155.jpg
a0104519_14345053.jpg

春海が刺激を受けたのは、これらの立派な算額ではなく、
絵馬奉納所にかけられた数多の「勝負絵馬」、
絵馬によって出題された問題に別の者が答えを書くのだ。

元日の境内では、お焚き上げがおこなわれ、お神酒がふるまわれている。

a0104519_14505520.jpg
a0104519_14513539.jpg

a0104519_14522182.jpg
a0104519_14523814.jpg

初詣を済ませれば、気になるのは絵馬奉納所

a0104519_1543799.jpg

勿論普通の絵馬が奉げられていて、算額も勝負絵馬も見当たらなかったが、
ふと見上げると屋根の上に、真っ青な空を背景に鳩が羽を休めている。

今年が平和な年でありますように
a0104519_154595.jpg

[PR]
by sawa_keura | 2016-01-14 17:50 | その他
<< 寒餅 明けましておめでとうございます >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 sawa_keura. All rights reserved.