Top
梅仕事
6月中旬、店頭に青梅が並びだすと同時に始まった梅仕事も
今年は遅い梅雨明けで長引いたが、梅干しの土用干しで終わる。

今年も例年通り梅ジュース

a0104519_17115363.jpg
a0104519_1712229.jpg

a0104519_17135731.jpg

真夏中、梅ジュースの水割りが疲れを癒してくれる。
a0104519_17145558.jpg



そして去年初挑戦したジップロック袋使用の梅干し作り
梅干しそのものよりも、付属の梅酢がおいしくて重宝した。

a0104519_1722125.jpg
a0104519_17224447.jpg

a0104519_17231522.jpg

一昨日よりバルコニーで土用干し中、
しっかり一瓶分の梅酢もとれた。

炊き立てのご飯に少し混ぜておくとほのかに梅の香がして
ご飯のおいしさが際立つし、翌日も味が落ちないような気がする。
[PR]
# by sawa_keura | 2016-07-31 16:53 | 作る、育てる
すずらんの日
友人からお庭に咲いたスズランを頂いた。

a0104519_16512573.jpg

ちょうど5月1日はスズランの日(Jour de muguet)、
フランス圏の国では母親や身近な人に早春の花束を贈る。

30数年前駐在していたブラッセルのまだ肌寒い早春の街で
道端にテーブルを出して小さな花束を売っていた光景を思い出す。
あれは、森から摘んできていたのだろうか?

沖縄那覇で求めた壺屋焼の抱瓶(だちびん)に活けてみた。

抱瓶は、中国朝鮮の影響を受け沖縄で発達した携帯用酒器で、
地方の豪族たちが持ち山を巡回したり、競馬を見に行く時に携帯し、
柄や色など競い合ったという。
[PR]
# by sawa_keura | 2016-05-02 16:53 | 使う
熊本城
4月14日、熊本県地方を襲った地震のニュースに戦慄した。
その後も本震、余震が1000回以上も続き収まる気配もない。

a0104519_1534294.jpg

日本三名城の一つと言われる熊本城を訪れたのは、
地震のたった2週間前、3月の末だった。

「軍艦島と五島列島教会群を巡る長崎世界遺産ツアー」に参加した後
島原港からフェリーで熊本港へ渡り、熊本市へ立ち寄った。

1607年加藤清正が当時最先端の技術によって築城したと言われる熊本城は
優美にして堅牢と称されるにふさわしい城であった。

本丸への道を阻む石垣が美しい。

a0104519_16305270.jpg
a0104519_16333859.jpg

a0104519_16462864.jpg

天守閣や本丸御殿などは西南戦争の折に焼失し、
天守閣は1960年、本丸御殿は2008年に復元再建されているが、
「清正流」と呼ばれる石垣は江戸時代の物がほとんど残っているとのこと。

圧巻は、やはり「武者返し」と呼ばれる石垣であろう。
微妙なそり返り、石組みのきれいさ、見飽きることがない。

a0104519_1644538.jpg
 
青空の下、桜が5分咲きの熊本城は正に威風堂々としていた。

しかし、今回の地震で天主閣の屋根瓦や鯱鉾が落下し、櫓に被害が及び、
石垣の一部が崩落しているという。
ほんの一日にしろご縁があった土地、他人事とは思えない気がしている。
[PR]
# by sawa_keura | 2016-04-29 15:39 | 旅する
「花まつり」の歳時菓子
4月8日は、お釈迦様の降誕日「灌仏会」。

花が咲きそろう時期なので、「花まつり」ともいわれ
様々な草花で飾った花御堂をつくり、浴仏盆に生誕仏を置き
甘茶をそそいでお祝いをする。

甘茶をそそぐのは、お釈迦さまが生まれた時、甘露の雨が降ったという言い伝えから。

a0104519_17172839.jpg

a0104519_171963.jpg

たねやの「五泉」は、この日だけ販売される歳時菓子。
甘茶を練りこんだ求肥で餡をつつみ、
天の龍がそそいだ五色の甘露の雨になぞらえたそぼろがまぶされている。

a0104519_17343047.jpg

春を迎える歓びの中に祝われる「イースター」と「花まつり」、
チョコレートもいいけれど、和菓子もいいなと歳時菓子を楽しんだ。

今年は桜もちょうど満開になり、花まつりにふさわしい一日だった。
[PR]
# by sawa_keura | 2016-04-12 17:37 | 食べる
春の兆し
a0104519_22554325.jpg

種が落ちて自然に生えて花を咲かすすみれ、
今年もバルコニーで健気につぼみをふくらませた。
そして今日は明るい日差しを浴びて、春の訪れを告げていた。

a0104519_23155012.jpg

3日前は2月の気候の冷たい雨にふるえていたのに、
今日は「うぐいすの初鳴き」のニュース。
春はもう間近まで来ている。

春の気候は定まらない。
2週間前、京都相国寺は雪景色、シンとした朝の境内は格別だった。
思いもよらぬ、春の雪

a0104519_23234584.jpg

a0104519_23241492.jpg

a0104519_23244233.jpg

a0104519_2326119.jpg
a0104519_2326348.jpg

a0104519_23271384.jpg
a0104519_2333542.jpg

かと思えば、暖かい日の光が苔を染め上げる。

a0104519_2337528.jpg

[PR]
# by sawa_keura | 2016-03-17 23:38 | 観る
ひちぎり  京都の雛生菓子
急に思い立って出かけた京都、
祇園の「鍵善」で、変わった生菓子を見つけた。

「ひちぎり」
a0104519_1138796.jpg

京都の雛祭りの代表的な生菓子とのこと。

「ひちぎり」(引千切)は、子供の幸福を願う公家のお餅としてはじまり
ヨモギ、求肥やしん粉で作られた餅を引きちぎった形にし、
その上にきんとんやあんがのせられる。

宮中行事の上巳の節句では、もち菓子の用意に手が足りず、
餅を丸めている暇がなかったため、餅を引きちぎってくぼみを作り
そこにあんこをのせるという簡易化がなされたという説があるそうだ。
古くは平安時代の「戴き餅(いただきもちい)」という儀式に由来するともいう。
そういえば、「紫式部日記」に幼児の儀式として書かれていたように思う。

私にとって桃の節句のお菓子というと、雛あられ、菱餅だが、
金沢では金花糖という色鮮やかな砂糖菓子が飾られていた。
京都で新たな雛菓子に巡り合えたのは幸運だった。

家に帰り、春を呼ぶきれいな生菓子と共に抹茶を楽しんだ。

a0104519_12102772.jpg

[PR]
# by sawa_keura | 2016-03-12 12:33 | 食べる
五百羅漢展
a0104519_1734539.jpg

羅漢とは、阿羅漢の略で、尊敬を受けるに値する人の意。
小乗仏教の最高の悟りに達した聖者とのこと。

五百羅漢とは、釈迦入滅後の第一回経典結集および第四回結集の時に
集まったという500人の聖者のこと。

お寺の境内を歩いていると、奉納された羅漢像を見かけることが多い。
笑っていたり、しかめ面だったり、怒っていたり、大口を開けていたり、泣いていたり...
持ち物も色々、動作も色々、見飽きることがない。

現代美術家 村上隆の描く五百羅漢はどんなだろうかと楽しみに
六本木森美術館の「村上隆の五百羅漢図展」へ出かけた。

a0104519_1575043.jpg

a0104519_158687.jpg

a0104519_1582529.jpg

a0104519_1584352.jpg

色彩に、構図に、迫力に、ただただ圧倒され、引き込まれた。
見ていて楽しい! 親しみやすい! うきうきする! 仏画だ。
描かれた羅漢を始め動物たち全てが優しさを感じさせる。

全長100メートルに及ぶ作品は、村上隆の構想をもとにした
画学生たちとの共同制作だという。

村上は増上寺所蔵の狩野一信の「五百羅漢図」から着想を得て製作したという。

a0104519_19235122.jpg

a0104519_19265357.jpg

a0104519_19253298.jpg
a0104519_19255489.jpg

3月まで増上寺で展示されている狩野一信の五百羅漢図も見てみたいと思う。
[PR]
# by sawa_keura | 2016-02-13 17:05 | 観る
寒餅
立春を迎えた日、富山から小包が届いた。
お米を送って頂いているKさんからだ。
箱を開けると 「きれい!」

a0104519_15392096.jpg

鮮やかな色が飛び込んでくる。
4,5mm厚さの長方形に切れそろえられた色とりどりのお餅が
丁寧に紐で編みこまれている。

「寒餅」    寒さが最も厳しい寒の期間にお餅をつき、
        3月初め頃まで約1ヶ月間寒風にさらして乾燥させてつくる。
        富山の米菓 「かき餅」 「かきやま」 のルーツといわれる。

a0104519_1553519.jpg

寒中の水を使うとカビなく、腐らないといわれ、
農家が保存食として作り、おやつに焼いて食べられてきたという。

ヨモギ、エビ、豆、昆布、黒砂糖、クチナシなどがまぜてある手の込んだものだ。
餅をつき、具を混ぜこみ、薄く切り、紐で編みこむ作業の様子を思い浮かべ、
「私が好きなので~」と言われる Kさんに頭が下がる。

乾燥すると壊れるのでと、半乾き状態で送られてきた「かんもち」、
暖房に当てないで、バルコニーにつるして下さいとのこと。
東京の我が家でうまくいくのだろうか?

娘たちの所にも分けて、それぞれに成果を競うことにしよう。
焼いて食べる時を楽しみに~

でも、今の半生状態も美味しそう、少し食べてみようかな!
[PR]
# by sawa_keura | 2016-02-06 16:30 | 食べる
金王八幡宮 と 算額奉納
1月1日 本年の初詣は 歩いて行かれる渋谷の氏神様金王八幡宮

a0104519_1762285.jpg

a0104519_1785922.jpg

社伝によれば、1092年渋谷城を築き渋谷氏の祖となった
河崎基家(渋谷重家)によって創建され、江戸時代徳川将軍家の信仰を得たという。
三代将軍に家光が選ばれるよう春日局が参拝祈願し、
その成就により御利益に感謝して社殿と門を造らせたともいわれる。

青山方面に行く時に時折前を通るのだが、きちんとお参りしたことはなかった。
しかし、沖方丁の「天地明察」を読んで興味がつのった。
第1章 『一瞥即解』 の冒頭、
渋川春海は駕籠かきに「渋谷宮益坂にある金王八幡神社」に行くよう頼む。
23年後(貞享年間1685年)の大和暦への改歴に尽力する
碁打四衆の一人安井算哲(渋川春海)は、ここの絵馬奉納所にある算額を見に来たのだ。

「算額奉納」とは、研鑽を誓い神の加護によって技芸が向上することを願うために、
又は成長を果たせたことを神に感謝して、算術を記し神に献げた絵馬である。
金箔や漆を塗って美しく造られ、社殿に飾られたり安置された特別な物もあった。

金王八幡の宝物庫に保管されている算額
a0104519_14342155.jpg
a0104519_14345053.jpg

春海が刺激を受けたのは、これらの立派な算額ではなく、
絵馬奉納所にかけられた数多の「勝負絵馬」、
絵馬によって出題された問題に別の者が答えを書くのだ。

元日の境内では、お焚き上げがおこなわれ、お神酒がふるまわれている。

a0104519_14505520.jpg
a0104519_14513539.jpg

a0104519_14522182.jpg
a0104519_14523814.jpg

初詣を済ませれば、気になるのは絵馬奉納所

a0104519_1543799.jpg

勿論普通の絵馬が奉げられていて、算額も勝負絵馬も見当たらなかったが、
ふと見上げると屋根の上に、真っ青な空を背景に鳩が羽を休めている。

今年が平和な年でありますように
a0104519_154595.jpg

[PR]
# by sawa_keura | 2016-01-14 17:50 | その他
明けましておめでとうございます
a0104519_15454644.jpg


2016年が皆さまにとって健康で良い年でありますように

a0104519_15501785.jpg

世界中の人が平和と地球環境について真剣に考える一年になりますように

そして私たち一人一人が、他人任せにしないで、
                 今すぐできることから実行したいと思います
[PR]
# by sawa_keura | 2016-01-04 16:03 | その他



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 sawa_keura. All rights reserved.